完全自動売買できるかな? ~多忙サラリーマンの聖杯探索~

「売買タイミングの判断・注文を全部パソコンにやらせて、しかも儲けたい!」という、日中働く人にとっては【夢】のような事を追いかけるブログです。

プロフィール

2006年後半から資金30万で取引開始。
途中増資するもダメスパイラルにハマリ惨敗。
その中で損切りの大事さと自動売買に興味を持ち「完全自動売買」を目指して奮闘中。
但し、仕事が忙しく遅々として作業が進まないのが難点。

カウンター

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ネット証券

■イー・トレード証券

■マネックス証券

■GMOインターネット証券

■コスモ証券

■オリックス証券

FX・先物

■ひまわり証券

■トレイダーズ証券

■マネースクウェア・ジャパン

ネット証券比較サイト

■「あるじゃん」オンライントレード比較

■ALL投資情報比較

■「あるじゃん」外国為替比較

ネット銀行

■イーバンク銀行

■ジャパンネット銀行
(個人向け)

■ジャパンネット銀行
(事業者向け)

お世話になってるブログ

■二階堂重人のデイトレード情報
■めいぷる(株)ローソク販売w
■35歳専業デイトレーダー上総介 挑戦 目指せ年収1000万!
■株、、、、と適当な日常生活日記
■天昇トレード日誌~現物スキャルピングからの卒業・日経225先物との日々~
■デイトレバカ一代
■デイトレ日記~目標は起業資金3000万円!!
■中原圭介の資産運用塾
■倖多朗の株日記
■ベベのデイトレード勉強日記
■ハワイでのんびり株式投資
■光人のデイトレ極道
■2万円から始めるママの株取引
■ポチのヘッポコ株日記(負け犬編)
■株 サラリーマン株太朗

参考サイト

■Tx Biz News
■株式新聞
■株マップ.com
■Yahoo!チャートフォリオ
■トレーダーズ・ウェブ
■デイトレードアイランド

証券取引所

■東京証券取引所
■ヘラクレス
■ジャスダック
■大阪証券取引所
■札幌証券取引所
■名古屋証券取引所
■福岡証券取引所

本ブログはFC2の無料ブログを利用してます

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
休みが少ないので昨日は真剣に開発に勤しもうと思っていたのですが・・・

「コタツとミカン」には勝てませんでした_| ̄|○

あとは膝の上に猫でもいれば癒しモード全開でノンビリ正月なんだろうなと、ちょっと現実逃避モード。

でも、これではイカンと思い証券会社の接続テストをしようとしたら・・・

「メンテ中」

ガーン・・・しかも4日ギリギリまでとかのところもあるし。

仕方ないので、証券会社への接続テストモジュールを応用してブログの自動更新ができるものを作成。
一応基本的な部分は成功です。
でも、注文のはもっと複雑なんですよね。
約定したか?注文番号は?返済用のURLは? などと確認したい項目いっぱいあったのに一切できません。
これはマイッタ・・・

まぁ、肝心のシグナル発生部分が完成していないので今日はそちらを頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
2007/01/02 09:54|日経225先物TB:0CM:0
新プロジェクトの進捗状況です。

色々忙しくて遅々として作業が進みませんが、一応分析できる段階まで進みました。 分析結果は↓こんな画面になります。

20061210.jpg

(クリック後、画面を横長にすると文字もハッキリ見えるはずです)

理解できていないものや計算ロジックが面倒なものは省いてますが、作成したルールがどのような資金曲線を描くのかわかるので十分だと思います。

ちなみにこのグラフは「寄りの値段が前日の終値より低かったら買い」というルールで検証してみました。
右肩下がりで使い物にならないですね。
前日の終値より高かったら買い」というのもやってみましたが、ほぼ同じ感じです。

これを利用して独自のルールを作り、翌日の売買作戦に役立てたいと思ってます。

次のステップとしては始値を自動で取得し、各ルールの適用可否を判断しての自動注文です。

そこで重要になってくるのが証券会社選び。 GMOインターネット証券が年内にAPIを提供するという話を聞いていたのですが、全然告知してこないのでダメになったかと不安になっていたのですが、昨日GMOの社長のブログを見たら「クリスマスプレゼントでAPIを~」みたいな記事がアップされてました。

これはもう俄然期待しちゃいます!!

現在、かなりの証券会社で225先物(ミニ含む)をサポートしていますが、現在キャンペーン中のGMOは値段も安いし、板情報から注文できるツールも準備されているのでいいかなと思います。

ただ心配なのがAPIをサポートすると通信量が一気に増える可能性があるので、サーバ負荷が心配です。 テストサーバがあるのか、一日の注文数に制限があるのか、リアルタイムデータがどこまで取れるか・・・などなど心配事はたくさんありますが、GMOはシステム的な対応は早いほうなので静観したいと思います。

システム的なネタはいっぱいありますが、書ききれないので小出しでいきます。 最後に私が検討した先物用証券会社の比較です。

会社名 手数料 ツール サポート その他
GMO たぶん最安値
通常:1枚目450円、2枚目以降350円、ミニ:1枚目150円、2枚目以降100円
来年1月末まではキャンペーン
通常:1枚目225円、2枚目以降225円、ミニ:1枚目100円、2枚目以降50円
日計りなし
板情報から注文できるツールを提供。近いうちにリアルタイム更新になる予定 クレーム処理はわりと早くやってくれる。システム的な対応も早い。 なんといってもAPIに期待
現物との資金移動もリアルタイムに可能。たまに現物やりたいときに○
ひまわり 通常:1,890円、ミニ:210円
日計りあり
一日の上限手数料が通常もミニも52,500円
注文シュミュレーションができ、現在の資金で何枚買えるかすぐわかる 結構親切 セミナーや情報が充実。50万以上口座にあれば無料でツールが発信している売買シグナルを見ることができる
トレイダーズ 通常:1,785円、ミニ:210円
日計りあり
通常のは電話での取引も同じ手数料で一日の上限手数料が105,000円
不明 オンラインで口座開設できるのが○ セミナー利用で口座開設は○だと思う
松井 通常:525円、ミニ:105円
日計りなし
Webから注文のみ?リアルタイムの板情報やチャートは別ツールで表示する必要あり 現物やっていたときには数社中最低 突然手数料を変えたり、顧客対応の悪さ、説明不足なHPなどから個人的には対象外(出金手数料無料といいつつ、5000円近く取られたり、キャンペーンで貰えるはずのものが送ってこないなど)

トレードの参考に → ■株 人気ブログランキングへ ■

2006/12/10 11:14|日経225先物TB:0CM:3
新プロジェクトの立ち上げです。

そう! 日経225先物の取引に手を出しちゃいます。
もちろん最初は資金が少ないのでminiで感覚を掴む予定。

開設依頼中の講座は以下の2つです。
ひまわりは無料で得られる情報量も多く、今はキャンペーンもやっています。
トレイダーズは色々な注文方式があるようで、電話での対応もできるので緊急時にはありがたいようです。









そして、買った本が↓これ。





今までEXCELを使ってある程度の指標は出していましたが、更に精度を高めつつ自動で出来る部分は作りこもうという魂胆です。

実際には注文部分はGMOのAPI公開待ちとなると思いますが、基本部分のロジックはこの本で学べると思います。

将来的にリアルタイムデータを基に売買するには楽天証券のRSS利用が必須と思われます。





税制問題や個別銘柄の選別を考えると日経先物もありだと考えた結果です。

「現物で勝てないのに先物で勝てるの?」という意見もありそうですが、やらないより実際に体験してみるべきかなと。
結果的に負けたらそれは実力不足。
この世界結果が全てですから、その時は更に努力をするしかありません。

なんにせよ、忙しい日々が続くので早い段階で軌道に乗せられるかチャレンジです。

トレードの参考に → ■株 人気ブログランキングへ ■
2006/11/26 16:38|日経225先物TB:2CM:1

ブログ内検索

登録ブログランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

株関連商品

■トレーダーズショップ


■システムトレード


■デイトレ用メルマガ


■投資セミナーなど


Amazonサーチ

色々商品紹介

■ハンコがなければここで!

■パソコン全国どこでも送料500円

訪問ありがとうございます

アクセスランキング

カテゴリー

RSSフィード

Copyright(C) 2006 完全自動売買できるかな? ~多忙サラリーマンの聖杯探索~ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。